本文へスキップ

ピアノプラザフロイデは東北最大級のピアノ専門店です。新品・中古ピアノ、輸入ピアノ、電子ピアノまで…調律・修理、買取、ピアノレッスンも承っております。

TEL. 0120-027-101

郡山本店 〒963-8846 福島県郡山市久留米2-135-3
福島店 〒960-8164 福島県福島市八木田字神明42-5


内部消耗品交換・ハンマー交換HEADLINE

ハンマー交換の前にタッチ調整をし、交換したことでどれだけ調整が変化したかを見極めます。
また、穴空け位置の計測の為にもタッチ調整が重要です。
ハンマー交換後は特に調整がずれやすいため、2、3回タッチ調整を繰り返します。
それが終わったら、「キーウェイト調整」です。

画像をクリックすると、拡大画像をご覧いただけます

①ハンマー交換前

元の状態です。

②ハンマー交換前

シャンク(黄色□)も交換!

③消耗品交換

鍵盤ブッシングクロス交換

   

④消耗品交換

フロントパンチングクロスも交換。反応がさらに良くなるようにします。

⑤スプリング交換

レペティションレバースプリングも交換。

⑥スプリング交換

左がヤマハ純正。


⑦消耗品交換

サポートの溝において、スプリングの滑りが良くなります。ブッシングクロスで固定します。



⑧タッチ調整

消耗品の交換が終わったら、通常と同じくタッチ調整。ハンマー交換後、タッチの重さ、音がどのように変化するかを確認するためです。

⑨シャンク

調整が終わったら、まずはシャンクの交換。



⑩シャンク並べ替え

硬い金属でシャンクを叩き、音を聞いてシャンクの密度を計ります。重いもの程低音側に使用します。

⑪シャンク交換

シャンクを並べ替えたら、元のシャンクと交換。調整を安定させるため、交換後1週間ぐらい置いてから調整に入ります。

⑫ハンマー

その間ハンマーの加工です。



⑬ハンマー穴あけ位置

測定により、ハンマーの穴あけ位置を決定いたします。


⑭ハンマー角度

低音・中音はハンマーに角度があるため、元のハンマーの角度を測定して穴あけ位置を決めます。

⑮ハンマー穴あけ

ボール盤にハンマー穴あけ治具を固定し、穴をあけます。


⑯ハンマーテール加工

次はテール加工。元の状態

⑰ハンマーテール加工2

ベルとサンダーと専用治具で削っていきます。

⑱ハンマーテール加工3

加工後

  

⑲ハンマーサイド加工

次はサイド加工。元の状態です。

⑳ハンマーサイド加工2

カンナと専用治具で削っていきます。

㉑ハンマーサイド加工3

加工後。かなりスマートに
(^^
    

㉒ハンマーウェイト測定

ハンマーを加工しながら、1つ1つのハンマーの重量を測定し、高音に行くに従い徐々に軽くなるよう調整します。

㉓膠

ハンマー加工・シャンク取り付けが終わったらハンマー接着!膠を使用します。

㉔膠着け

丁度いい粘度になったらシャンクとハンマーに膠をつけて…


    

㉕ハンマー接着

接着!


㉖ハンマー接着後

膠が乾いたら、はみ出たシャンクをカットします。

㉗シャンクカット

シャンクカットに適したのこぎり(あさりのないもの)でシャンクをカットします。
    

㉘シャンクカット後

カット完了!


㉙削り

カットした場所を削り、余分な膠を落とします。

㉚テール加工

最後にテールにやすり目をつけて完了!バックストップしやすくするためです
    

バナースペース

↓ 
フロイデ輸入ピアノ専門店



- menu -

無料診断・リニューアル

防音・耐震用品

練習室ご利用

ピアノ動画一覧

ピアノ教室リンク集

株式会社フロイデ
ピアノプラザ

<郡山本社>
〒963-8846
福島県郡山市久留米2-135-3
TEL 024-937-3555
アクセスMAP

<福島店>
〒960-8164
福島県福島市八木田字神明42-5
TEL 024-546-9169
アクセスMAP



フロイデ ピアノプラザ/輸入ピアノ.com

Facebookページも宣伝